Route.
国道460号

 〜 政令指定都市新潟の大環状道路 〜
【起 点】 新潟県 新発田市
【終 点】 新潟県 柏崎市
【延 長】 117.2km
(旧白根市)
【概 要】
 1993年に県道新津新発田線・県道白根新津線・県道白根巻線を統合し、国道に昇格した路線です。路線としては新発田市から柏崎市までが国道として指定されていますが、実質的な単独区間は新発田市のR7交点(起点)から、旧新潟市近郊の市町村を巡って、旧巻町(現新潟市西蒲区)のR402交点に至るまでの区間であるため、新潟市の大環状線としての位置づけが強くなっています。
 国道昇格したのが1993年のことであるため、旧県道時代の狭路の状態をまだ残している区間も多いですが、現在も各所で道路改良が続けられています。変化の激しい国道の一つとも言えます。
【内 容】
(その1 新発田市−阿賀野市)
 新発田市のR7交点から、阿賀野市の旧京ヶ瀬村地区まで。
(その2 新潟市・秋葉区−新潟市・南区)
 旧新津市に相当する新潟市秋葉区から、旧白根市(新潟市南区)のR8交点まで。
(その3 新潟市・南区−新潟市・西蒲区)
 R8交点から旧巻町(新潟市西蒲区)のR402交点まで。以降はR402重複なので省略します。

 戻る