国道 Route.

 
国道453号

札幌市 豊平区−北海道 伊達市

(その5 札幌市)


 札幌市に入ります。r341交点付近から市街地らしくなり、だんだんと交通量が多くなっていきます。豊平区豊平の国道36号交点で国道453号は終わりです。

 

札幌市南区・滝野〜常盤

[恵庭市・札幌市境界]
札幌市に入ります。
ゲートのようなものが設置されていました。

[下り坂]
これまでUp-Downが続いてきましたが、札幌市に入ると顕著に下り坂続きとなります。

[20kmキロポスト]
20kmキロポスト。
国道453号も残り20kmとなりました。

[19kmキロポスト]

[ゲート]
ここでもまたゲートが設置されていました。

[17kmキロポスト]

[除雪ステーション]
ようやく建物がある場所まで来た感じです。
右の建物は除雪ステーションを兼ねた駐車場のようでした。

[常盤6-2交差点]
常盤6-2交差点。
右折方向は道道341号真駒内御料札幌線。国道453号はここを左へと続きます。

 

札幌市 南区・常盤〜真駒内

[芸術の森]
芸術の森の入り口。
美術館や野外の彫刻展示などがあります。

[常盤2-1交差点]
交通量が一気に増えた感じです。
この付近の南区石山東地域は真駒内川沿いに市街地を形成しつつ、国道453号以外に幹線道路があまりないような構造になっているので、必然的にこの国道453号に車両が集中することとなります。

[石山東7交差点]

[石山高架橋]
石山高架橋に差し掛かります。国道453号はこのまま高架橋を渡りますが、国道230号に出る場合はここで左の側道へと入っておきます。

現在のR230石山バイパスが開通するまでは、ここで国道230号と国道453号が接続していました。

[石山高架橋]
石山高架橋を渡ったところ。
中央の点線はセンターラインであり、高架橋自体は片側一車線です。この先に見える合流車線がやってくると、片側二車線の道路に変わります。

[真駒内柏丘8交差点]
南区真駒内地域に入ります。
1972年2月に札幌五輪が行われた町です。

[真駒内泉町1交差点]


T字路がありまして、国道453号は左折です。
正面はエドウィンダン記念公園でありまして、明治初期に北海道の畜産業普及に貢献したエドウィンダンにちなみます。

[真駒内公園交差点]
真駒内公園交差点。
道道82号西野真駒内清田線と交差します。

この左側が真駒内公園でありまして、札幌五輪のメインスタジアムが置かれました。

[真駒内本町4交差点]


真駒内本町4交差点。国道453号はここを右折です。
ほとんど車両はここを直進して国道230号もしくは豊平川通りへと入ります。

[南区真駒内]
陸上自衛隊真駒内駐屯地の横を通過します。

 

札幌市 豊平区

[豊平区平岸一条二十二丁目]
特に案内標識はないですけど、ここで南区から豊平区に入ります。
この先の信号機で福住桑園通と交差します。

[豊平区平岸一条二十一丁目]
中の島通りの分岐。
左折すると中の島通りに入って豊平区中の島一帯に入りますが、国道453号と同じようなところに出ます。

[平岸1-17交差点]

[平岸2-14交差点]
平岸2-14交差点。
ここで平岸通に合流し、ここから先の国道453号は「平岸通」となります。

[平岸2-13交差点]
平岸2-13交差点。
道道453号西野白石線と交差します。
国道番号と道道番号が一緒という稀有な(?)交差点です。

[r89交点]
道道89号札幌環状線と交差します。
国道230号ならば左折、国道36号ならば右折するとショートカットです。

[2kmキロポスト]
国道453号の2kmキロポスト地点を通過します。
この辺りは地下鉄南北線平岸駅のあるところで、それなりに繁華なところです。

[豊平区平岸二条二丁目]

[1kmキロポスト]
1kmキロポストを通過します。
国道453号も残り1kmとなりました。

[豊平6-3交差点]
豊平6-3交差点で国道453号は右斜め前へと進みます。

[豊平3-4交差点]


国道36号との交差点に出たところで国道453号は終わりです。札幌市内に入ると、市街地はやはり右左折が多かったですね〜。左折すると札幌駅、右折するとR36千歳・室蘭方面に向かいます。
調査日:2015/5
 前へ(その4へ)
 戻る 
[KAWASAKI-IQ8018]