国道 Route.

 
国道453号

札幌市 豊平区−北海道 伊達市

(その4 苫小牧市−恵庭市)


 苫小牧市で国道276号と分岐し、ここからは札幌市までR453単独区間が続きます。支笏湖の湖畔を走っていきます。

 

苫小牧市

[T字路]


前のページのとおり国道453号はT字路を左折です。
ここからは久々にR453単独区間となります。

[苫小牧市・千歳市境界2]
すぐのところで千歳市に入ります。
国道276号重複区間でも一度千歳市→苫小牧市に入っていましたが…。

[r16交点]


T字路がありまして、国道453号は左折です。右折すると道道16号支笏湖公園線を経て千歳市街に出ます。

[千歳市・苫小牧市境界3]
…かと思いきや、ここでまた苫小牧市に入ります。
ちょうどこの辺は苫小牧市と千歳市の境界を国道453号が走っているので、何度か市境界をまたぐためにこうなるんですね。

 

千歳市

[苫小牧市・千歳市境界4]
そして再び千歳市に入ります。
千歳市と苫小牧市を行ったり来たり…はこれで終わりです。

[49kmキロポスト]
野鳥の森休暇村の分岐。
ここで左に入ると、野鳥の森休暇村へと入ります。

ちなみに、右側に49kmキロポストが設置されておりますが、国道453号単独区間からは再び札幌までの距離を示す数字に戻ります。よって、札幌市のR36交点まで残り49kmとなります。

[支笏湖温泉付近]
支笏湖温泉付近の駐車場。
「ここで休憩を〜」と考えるところですが、この駐車場は有料です。なので、もしも寄るならばトイレ休憩等ではなく駐車後ちょっとじっくり時間をかけて立ち寄る方が良いかも。

[支笏湖]
支笏湖の湖畔に出ます。

[46kmキロポスト]

[支笏湖]
ちなみに、支笏湖は結構広い面積を有しますが、全て千歳市の市域に入っています。支笏湖から流れ出るのは千歳川のみであり、千歳川の流域全てが千歳市に入るようになっているようです。

[支笏湖第1覆道]
支笏湖第1覆道。
渋い感じの色合いです。

[支笏湖第3覆道]
支笏湖第3覆道。
こんな調子の覆道は「第7覆道」まで続きます。

[42kmキロポスト]

[支笏湖駐車場]
支笏湖駐車場。
撮影スポットのようです。

[千歳市幌見内]
支笏湖湖畔の道路はここまでとなりまして、ここからは上り坂を走っていきます。

[T字路]


T字路に出ます。国道453号は右折です。
左折すると道道730号丸駒線に入り、丸駒温泉に出ます。

[上り坂]
「路面凹凸あり 注意!スピード落せ
あまり舗装状態が良くないのか、バイクの走行は注意が必要かも。

[37kmキロポスト]

[上り坂]
一応、国道453号のこの区間は札幌支笏湖自転車道が並走しているという位置づけになっています。ただ、こんなところを自転車で走るのはかなり大変なようで、難易度の高いコースなのだとか…。

 

恵庭市

[千歳市・恵庭市境界]


恵庭市に入ります。
すぐのところで左に分岐する道路は道道78号支笏湖線ですが、調査日現在で途中で通行止となっています。

[下り坂]
一応は下り坂です。

[左カーブ]

[急カーブ]
右への急カーブ。

[急カーブ]
続いて左への急カーブ。
山の稜線に沿って国道が通っていますが、うねうねとしたカーブが続きます。

[29kmキロポスト]

[金山覆道]
金山覆道を通過します。
結構険しいところを走っていると思うのですが、国道453号のこの区間(支笏湖畔除く)は意外と覆道がないように思います。

[札幌 31km]
札幌市まで31km、石山まで18km。
「石山」はおそらく旧国道230号との交点であった札幌市南区石山の石山高架橋付近までの距離と思わます。

[右カーブ]

[ガードレール]
この辺りは中央分離帯としてガードレールが設置されていました。

[山水橋付近]


山水橋付近で道道117号恵庭岳公園線が右へ分岐します。
右折すると恵庭市街に出ます。

[札幌市境界手前]
特に明確な峠というものがないので、峠を越えたのかまだ先なのかわからない感じの中を走っていきますが、もう少し走ると札幌市に入ります。
調査日:2015/5
 前へ(その3へ)  次へ(その5へ)
 戻る 
[KAWASAKI-IQ8013]