Route.
国道453号

 〜 真駒内通・支笏湖通・有珠国道 〜
【起 点】 札幌市 豊平区
【終 点】 北海道 伊達市
【延 長】 88.7km(現道実延長)
(北海道 千歳市)
【概 要】
 札幌市から支笏湖を経て伊達市に至る国道。1993年に道道3路線を統合して国道に昇格しました。札幌市街の区間、札幌市南区から苫小牧市までの山岳区間、苫小牧市から伊達市旧大滝村までの国道276号重複区間、そして旧大滝村から伊達市までの区間の4つに大別できると思います。
 結構山深いところを走る国道ですが、冬期間は通行止となりません。ただ、国道230号と国道36号(道央自動車道)に挟まれた位置関係にあり、全線通しで走る人はあまりいないのかもしれません…。 

(その1 伊達市−壮瞥町)
 洞爺湖の近くまで行きますが、湖畔沿いの区間はありません。
(その2 旧大滝村)
 現在は平成の大合併により伊達市大滝区となっています。
(その3 千歳市−苫小牧市)
 この区間は全線国道276号重複です。
(その4 苫小牧市−恵庭市)
 再び国道453号単独区間となり、支笏湖畔を経て恵庭市まで。
(その5 札幌市)
 札幌市街に入り、市街地らしい区間を走ります。

 戻る