国道437号

松山市−山口県玖珂町

(その1 松山市内)

 国道437号は松山市のR196交点を起点とし、松山港から山口県屋代島までの海上区間を経て、山口県玖珂町のR2交点に至るまでの91.9kmの国道です。

 
   松山市内                                          .

[中央二丁目交差点付近]
松山市内のR437は、距離にして4.2kmほどが指定されているのみです。
R196バイパスの中央二丁目交差点を起点として、しばらくは片側二車線の道路が続きます。案内標識に「松山港」の文字が出ています。


[古三津町]

松山港には観光港と三津浜港の二つがありますが、R437がめざす港は三津浜港の方です。
予讃線を陸橋で越えると、松江橋でR437は右へと曲がります。


[松江橋交差点]

実を言うと三津浜港に向かうには、松江橋交差点で右に曲がらずに直進した方が、道が良かったりします。
R437に沿って右折した場合、片側一車線の道を川に沿って走ります。その後二つ目の信号の辺りで左へと曲がります。


[松山市内]

左折すると更に生活道路っぽい道に変わります。
鮮魚関係の店が目に付くのは、やはり港に近いためでしょうか。この道をずっと走ると、県道22号との交点で右折します。

 
[神田町]

国道標識がないと、国道には見えづらい道路です。
道なりに進んで左への曲がり角を通り過ぎると三津浜港に至ります。


[三津二丁目]

三津浜港から屋代島までは海上区間になります。
とは言え、地図を見たところ、松山と屋代島を結ぶフェリーは出ていないようですが…。


[三津浜港付近]
R437はここから海上区間

調査日:2003/9

戻る Return