国道 Route.

 
国道411号

東京都 八王子市−山梨県 甲府市

(その1c 東京都内:奥多摩町)


 東京都内にもこんな風景があるんですね〜という感じの区間です。多摩川に沿って上流部へと走って行きます。

 

奥多摩町・川井〜氷川

[青梅市・奥多摩町境界]


西多摩郡奥多摩町に入ります。
東京都では一番西に位置する自治体です。

[奥多摩町川井]
この辺りまでくると多摩川はもはや渓谷っぽいところも出てきます。

[川井交差点]
この先の川井交差点で左方向にr45に向かう奥多摩大橋、右方向に都道202号上成木川井線が分岐します。右折方向のr202は一応青梅市まで伸びる都道ですが、実質的には途中で未供用区間が待ち構えています。

[青梅マラソン30Km折り返し]
「青梅マラソン30Km折り返し」

毎年2月に開かれる青梅マラソンは42.195kmではなく、30kmのマラソンとなっており、ここが折り返し地点になるそうです。わざわざ標識を設置するところがすごいですね〜。

[奥多摩町川井]

[古里交差点]
古里駅前交差点。
ここで交差する左方向の路線は都道45号奥多摩青梅線でありまして、青梅市以来長らく多摩川の対岸(南側)を走ってきたr45とここで合流します。

[奥多摩町小丹波]
「異常気象時交通規制区間起点」

道が険しくなってきまして、ここから異常気象時通行規制区間となります。

[奥多摩町棚沢]
多摩川の対岸(南側)を併走するr45もR411に合流済みであるため、この辺は対岸を走れる道路は無しとなっています。そのために、異常気象時にこの付近が通行止めとなっても迂回路はないわけですね…。

[鳩ノ巣駅]
鳩ノ巣駅前を通過します。
この右側が駅です。

[鳩の巣トンネル]
鳩の巣トンネルに入ります。
長さは78m。

ここからは古めかしいトンネルが連続していきます。

[花折トンネル]
続いて花折トンネル。
長さは108m。

[白丸駅入口]
白丸駅の入口。
長らく併走してきたJR青梅線も、白丸駅を通過すると残すところ終着駅の奥多摩駅のみとなります。

[白丸トンネル]
白丸トンネルに入ります。
こちらは新しそうなトンネルですが、国道411号は新しそうなトンネルもあれば、見るからに古めかしいトンネルもあったり…です。

[梅沢大橋交差点]
梅沢大橋交差点。
左折すると都道184号奥多摩あきる野線に入りますが、案内標識では「甲府」方面は左折してr184に入るように指示しています。
実のところ、r184に入ると愛宕トンネルを経てこの辺りの多摩川蛇行区間をショートカットできるので、単純に山梨県へ向かうのであれば、ここを左折した方が早いです。

[新氷川トンネル]
新氷川トンネルに入ります。
当然ながら「新」でない「氷川トンネル」もあるわけですが、そちらはこの左側にある旧道に位置しています。歩行者であれば通行可能なのだとか。

[奥多摩駅入口交差点]
奥多摩駅入口交差点。
JR青梅線終着駅である奥多摩駅はここを右折です。奥多摩町役場があるのもこのあたり。

 

奥多摩町・氷川〜留浦

[弁天橋]
正面の橋梁は弁天橋でありまして、この先の愛宕大橋交差点で都道186号奥多摩あきる野線が合流してきます。r186の方がショートカットできるルートでしたので、合流してくる車両は意外に多いのかも。

[桧村橋]
桧村橋。ここから再び異常気象時通行規制区間に入ります。

[橋詰トンネル]
桧村橋を渡った先で橋詰トンネルに入ります。
トンネル名は、「桧村
の西」にあるトンネル…というよりは、元々「橋詰」という字があるためのようですが…。

[橋詰トンネル]
橋詰トンネルの先の白髭トンネルははしょりまして、その次の梅久保トンネルに入ります。ちょうどカーブのところに位置していました。

[惣岳トンネル手前]
正面のカーブを抜けた先に長さ149mの惣岳トンネルが待ち構えていまして、そのすぐ次に板小屋トンネルが続きます。

[桃ヶ沢トンネル]
桃ヶ沢トンネル。長さ275m。

古めかしいが続きますが、これは1957年に竣工した奥多摩ダムの建設にあたり、この付近の道路を現行ルートに付け替えたことが発端となっています。

[中山トンネル]
中山トンネル。長さ301m。

[奥多摩ダム]
正面左に見えてきたのが、奥多摩ダムです。

[大麦代トンネル]
左方向が奥多摩ダムへの入口。
R411は正面の大麦代トンネルへと続きます。

[奥多摩湖]
奥多摩ダムの脇を通過したので、ここから先は奥多摩湖に沿って走っていくことになります。時代が下ってからできたダム湖畔の道路に比べると、崖にへばりつくようなルート設計ですけれど…。

[熱海トンネル]
長さ61mの熱海トンネルを通過します。

[のんき屋]
正面の建物は「のんき屋」というラーメン・そば屋だそうです。

[室沢トンネル]
室沢トンネルに入ります。長さは215m。
この辺り一帯のトンネルは、古くて短い割りに中でAMラジオは聞けるようになっているんですね…。


[室沢トンネル]
室沢トンネルの次の鶴の湯トンネルは飛ばしまして、女の湯トンネルが続きます。
女湯があるでしょうか〔笑)?

[峰谷はし]
峰谷橋の手前。
一応信号機のある交差点でして、右折すると峰谷川に沿って山間部へと向かいます。

[峰谷橋]
そしてこちらが峰谷橋。
風格ある鉄橋でした。

[麦山橋]
そしてこちらは麦山橋。
アーチが見事です。

[奥多摩町川野]
川野トンネルを抜けたところ。
ソバ屋が待ち構えていました。

[深山橋交差点]


深山橋交差点。左方向に国道139号が分岐します。
実はこの先で国道との交差というものは、甲府市に入るまで一切なしだったりします。

[奥多摩町留浦]
この辺りは道幅が唯一と言って良いほど広くなる箇所です。

[鴨沢橋]
東京都と山梨県の境界にある鴨沢橋を渡ります。
こちらを渡ると山梨県丹波山村に入ります。
調査日:2011/07
 前へ(その1bへ)  次へ(その2aへ)
 戻る 
[KAWASAKI-MP8279]