国道409号

川崎市−千葉・成田市

(その1 川崎市内)

 国道409号は、川崎市溝口から浮島を経て東京湾アクアラインとなり、東京湾を横断して千葉県木更津に上陸した後、成田市に至るまでの125kmの国道です。
 

   高津区溝口〜幸区(府中街道)                                          .
 国道246号溝口を交点として、国道409号の起点となります。ここは県道9号府中街道との重複点でもあり、国道246号の道路通称は府中街道となります。


[溝口付近]
直進すると県道9号府中街道


[小杉十字路交差点]

 単調な片側一車線道路で中原街道・綱島街道などと交差します。下平間付近で片側二車線道路になります。この辺りは私鉄・JRが密に走っているので、陸橋や踏切が目立ちます。


[下平間付近]


[遠藤町付近]

 国道1号と国道15号と交差しますが、間に踏切があります。国道15号とは立体交差します。
 
   川崎区(大師道・浮島通り)                                          .


[川崎競馬場付近]

 見晴らしの良い川崎競馬場を過ぎると、産業道路めいてきます。ここからは「大師道」という道路通称名です。大型車もちらほら。川崎大師駅付近で京急大師線の踏切を越えると、長い直線区間があります。


[中瀬付近]
京急川崎大師駅はこのすぐ前


 
[左:浮島付近/右:「浮島通り」]

 大師河原で県道6号と交差します。ここからは「浮島通り」になります。頭上に川崎縦貫線を見ながら両側に京浜工業地帯の工場群が連なります。浮島公園のところで首都高速湾岸線と東京湾アクアラインへのランプがあります。国道409号は東京湾アクアラインへと続きます。


[浮島入口]

 

 

調査日:2003/3/13

戻る Return