国道 Route.

 
国道274号

札幌市 東区−北海道 標茶町

(その3a 十勝管内:日勝峠−清水町)


 日勝峠を通過しまして、十勝地域の清水町へと入ります。清水町では一気にこれまでの標高差を下っていく感じです。

 

清水町・日勝トンネル〜1合目

[日勝トンネル出口]


日勝トンネルを抜けまして、上川郡清水町へと入ります。案内標識は前述の通りトンネル手前の日高町の方に設置されています。

[日勝大橋→熊見トンネル]
日勝大橋を渡りまして、熊見トンネルが続きます。

[急勾配、急カーブ区間有り]


「この先、清水町市街地まで20km
 
急勾配、急カーブ区間有り
 エンジンブレーキ併用」


標識にあるとおり、この先清水町市街地であるR38交点手前までずっと下り坂が連続します。20kmも踊り場無き下り坂なので、ブレーキが故障したら…。

[清流覆道]
清流覆道に入ります。
道路の左側は一面白くなっていますが、これは海ではなく雲海です。標高が高いために雲の上に出ているわけですね。

[清泉覆道]
続いて清泉覆道に入ります。

[新石山トンネル手前]
新石山トンネルに入ります。元々は右側で1972年竣工の石山トンネルを上下線ともに通行していたのですが、幅員が狭いことから大型車同士のすれ違いが困難という問題が発生していたため、日勝道路の改良工事が2003年までに完了した結果、新たにできた左側の新石山トンネルが下り勾配(帯広・標茶方面)専用、右側の(旧)石山トンネルが上り勾配(札幌方面)専用となりました。

[下り坂]
対向車線は登坂車線が設置されています。
この登坂車線も2003年までの日勝道路の改良工事によって付設されたものだそうで、同時に実施された線形改良も手伝って安全性はかなり改善されたのだとか…。

[159.5kmキロポスト]
調査日当日はこの辺りから酷い霧に見舞われました。とは言え道内の峠の中でも標高が高い日勝峠の場合は、日勝トンネルを抜けるといきなり濃霧で何も見えなくなった…ということもよくある話で、今回の霧はまだマシな方と思います。
(特に夏場の道東地方は霧が多いので…)

[下り坂]

[161.5kmキロポスト]
「下り坂急カーブ」

日勝峠の清水側は特に顕著なヘアピンカーブが3回やってきます。1つ目のヘアピンカーブのところには、日勝第一展望台とペケレ展望閣が設置されています。

[5合目]
清水町側も1合目〜5合目までの標識が設置されています。ゆっくり標高差を上がっていってあまり上り坂を上っている実感がなかった日高町側に比べると、清水町側はだいぶ雰囲気が違うと思いますが…。

[163kmキロポスト]

[4合目]
4合目を通過します。

[ヘアピンカーブ]
2つ目のヘアピーンカーブ。
左カーブです。

[3合目]
3合目を通過します。
対向車線の登坂車線は長く続いています。
この登坂車線があるかないかで、登り勾配となる登坂車線はだいぶ違うと思うんですよね…。

[ブレーキ故障時緊急避難所5Km先]
「ブレーキ故障時
 
緊急避難所
 5Km先」


日勝峠の清水町側ではずっと下り勾配が続くので、ブレーキ故障時の緊急避難所が設置されています。

[2合目]
2合目を通過します。

[166.5kmキロポスト手前]

[1合目]


1合目を通過します。この先の右ヘアピンカーブを通過すると、峠区間もひと段落という感じなのですが。

 

清水町・1合目〜R38交点

[右カーブ]
ヘアピンカーブ3つ目の右カーブを通過します。

[ゲート]
ゲートを通過しまして、日勝峠区間もひとまず終わりです。
濃霧や大雪などの際は、ここから峠側に向かって通行止となります。

[清水ドライブイン]
清水ドライブインを通過します。
対向車線で札幌方面へと走行する場合は、ここを通過するとしばらく何もない区間が続くわけなんですよね…。

[ブレーキ故障時緊急避難所 1km]
カーブはない直線区間に変わりますが、下り坂はまだしばらく続きます。

ブレーキ故障時緊急避難所まで1km。

[ブレーキ故障時緊急避難所]
ブレーキ故障時緊急避難所を通過します。
もしもブレーキが効かなくなった場合は、左側のラバーポールのところに車両を突っ込ませ、その後延々続く砂地のところで車両を停止させます。

ブレーキ故障時避難所はここだけですので、もしもブレーキが故障した際にこの避難所に入れなかった場合は、最悪R38交点まで車両を冒進させることとなります。

[左カーブ]
カーブがありまして、中央分離帯が設置されています。

[十勝清水IC 2km]
道東自動車道十勝清水ICまで2km。
夕張IC以来久しぶりに道東自動車道に接続します。

[ゲート]
もう一度ゲートを通過します。

[r55BP交点]
道道55号清水大樹線(BP)が右へ分岐します。
信号機のない交差点ですが、幹線道路との交差点は本当に久しぶりでして…。

[十勝清水IC入口]
道東自動車道十勝清水ICの入口。
久しぶりの信号機です。

[下り坂]
平野部に出ているかと思いきや、まだ総じて下り坂が続いています。

[新清橋]
ペケレベツ川にかかる新清橋を渡ります。

[176kmキロポスト]
JR根室本線の上の清水高架橋を通過しまして、清水町市街に入ります。

本当に市街地に入るのはだいぶ久しぶりでして…。

[R38交点]


国道38号とのT字路に出ます。R274はここを右折して、一旦R38滝川方面と重複します。1993年の追加路線指定までのR274はここまでくればここで右折してR38重複で帯広市に向かうだけでしたが…。
調査日:2016/7
 前へ(その2dへ)  次へ(その3bへ)
 戻る 
[KAWASAKI-TR2127]