国道255号

秦野市−小田原・本町

 国道255号は神奈川県秦野市を起点にして、松田町・大井町を経て、小田原市本町に至るまでの全長21.7kmの国道です。起点の秦野市から松田町・籠場インター交差点まではR246重複区間です。ここでは終点側の小田原市から走っています。
 
  
   小田原市内                                          .

[小田原市民会館前交差点]
 R1との交点である小田原市民会館前交差点でR255が分岐します。ここでR1は上の画像に向かって右へと折れます。ここからしばらく小田原の中心街をくねくねと走り抜けますが、終点側の本町側から起点秦野方向への一方通行の区間が存在しています。秦野から本町へ走ることはできません。

 
[銀座通り] 

 上・右側の標識のように、R255は市街地をくねくねと曲がっていきます。尚、こんなところも「緊急交通路」に指定されており、神奈川県各地で見られる「ナマズ」の姿をここでも見ることができます。


[水道道橋]

 中心地区間を抜けて一方通行指定はなくなります。ここからは片側一車線で推移していきます。飯泉橋で少しカーブがある以外は、基本的に一本道です。


[飯泉橋]

 その後小田原厚木道路との交差があり、小田原東ICで連絡します。この辺りから郊外型の商店が並びます。


[小田原厚木道路・小田原東IC]

 R255は小田原市内の区間が長くなっており(R246重複区間は除きます)、小田原市を出るとあとは大井町と松田町を比較的短時間で抜けるだけとなります。


[西大友付近]

 
 
 

   大井町・松田町                                          .


[市境・新田入口交差点付近]

 大井町に入ると、東名高速・大井松田ICがあります。その下をくぐり抜けると、すぐに松田町に入ります。


[籠場インター交差点・手前]

 松田町に入ったところから高架橋の上り坂にさしかかり、カーブを曲がったところの籠場インター交差点でR246と合流します。ここから起点の秦野市まではR246重複区間です。


[籠場インター交差点]
ここからR246(右へ)と重複

 

 

 

調査日:2003/6/30

戻る Return