Route.
国道252号

 〜 六十里越 〜
【起 点】 新潟県・柏崎市
【終 点】 福島県・会津若松市
【延 長】 204km
【概 要】
 新潟県柏崎市から魚沼地域を経て福島県に入り、只見川沿いに会津若松市に至る国道です。何と言ってもこの国道のメインは峻険な六十里越峠。国道となった現代においても険路であることには変わりありません。
【内 容】
(その1:会津若松市)
 会津坂下町まではほとんどR49重複なのですが、終点直前の会津若松付近で単独区間が出現しています。
(その2:会津坂下町−三島町)
 R49から分岐して、只見川に沿っていきます。R252のメインはここから。
(その3:金山町)
 ダムの上を国道が通るのも、国道252号ならでは。
(その4:只見町)

 福島県最後の町。田子倉ダムを超えると、後は延々と険路が続きます。
(その5:入広瀬村)
 やっと新潟県に入ります。只見町とは違い、見通しのあまり良くないカーブが続きます。
(その6:広神村−小出町)
 魚沼地域を走っていきます。小出町で一旦R17と接続します。
(その7:堀之内町−十日町市)
 ここからは柏崎へと向かうルートです。
(その8:川西町−高柳町)

 魚沼地域と頸城地域の境目辺り。山間部の道が続きます。
(その9:柏崎市)
 柏崎市の国道8号交点に出たところで国道252号も終わりです。


 戻る