Route.
国道247号

 〜 知多半島周遊 〜
【起 点】 名古屋市 熱田区
【終 点】 愛知県 豊橋市
【延 長】 151.3km
(豊川市)
【概 要】
 名古屋市から豊橋市までを知多半島沿いに結ぶ道路。起点・終点を直接結ぶのではなく、知多半島を海沿いに大迂回して海沿いに走る路線です。国道155号や国道23号との重複もあるため、全体のルートはちょっとわかりづらいところがあります。
【内 容】
(その1 豊橋市−蒲郡市)
 豊橋市R1交点から蒲郡市までのR23重複区間。蒲郡バイパスは含めず。

(その2 蒲郡市−一色町)

 蒲郡市の競艇場西交差点(R23分岐)から一色町まで。
(その3 西尾市−半田市)
 西尾市・碧南市・高浜市・半田市。
(その4 武豊町−南知多町)
 武豊町から南知多町師崎のr7交点まで。
(その5 南知多町−美浜町)
 r7交点から美浜町の区間。ここからは知多半島の西側に出ます。
(その6 常滑市−知多市)
 バイパスと現道に分かれますが、ここでは現道の方を走って行きます。。
(その7 東海市−名古屋市)
 昔ながらの現道を走り、バイパス合流後は突然道が良くなります。
[そのA 小坂井バイパス]
 全長900m程の短いバイパス。長い高架橋が印象的。
[そのB 蒲郡市バイパス]
 正式には「中央バイパス」です。将来はこちらがR247のメインルートになると思われますが…。
[そのC 西知多産業道路]
 自動車専用道路。臨海工業地帯の雰囲気です。

 戻る