国道 Route.

 
国道230号

札幌市 中央区−久遠郡 せたな町

(その7 今金町・東部)


 美利河峠を越えて、瀬棚郡今金町に入ります。今金町花石からは旧国鉄瀬棚線跡地を利用した花石道路と現道とに分岐します。

 

今金町・美利河〜花石

[美利河峠]
美利河(ぴりか)峠を越えまして、瀬棚郡今金町に入ります。カントリーサインに描かれているのは「ピーリとリーカ」でありまして、1983年に発掘されたピリカカイギュウ(ジュゴンの仲間)をモチーフにしています。

[下り坂]
峠を越えれば下り坂ですが、長万部町側に比べるとしばらく高台を走って行くような感じであるためか、勾配もあまり無いです。

[美利河橋]
後志利別川に架かる美利河橋を渡ります。
美利河峠を越えると分水嶺も追加するので、こちらの川は日本海へと向かっていきます。

[171kmキロポスト先]

[今金町宮島付近]
短くも人里離れたところを走って行くような感じだった長万部町側に比べると、民家も時々目にします。

[173kmキロポスト手前]
右に駐車場があります。

[174kmキロポスト]
メノウ橋を渡ります。

[今金町花石]
何の変哲も無い交差点ですが、ここがR230現道とバイパスの分岐点です。このまま直進するとR230のバイパスである花石道路に入りまして、旧国鉄瀬棚線の跡地を活用した快走路を走って行きます。

ここでは左折してR230現道に入っていきます。

 

今金町・花石〜住吉

[175kmキロポスト]
R230現道を走って行きます。
実はこの手前にもR230旧道っぽい道路(「メノウ橋」ではなく「瑪瑙橋」を経由するルート)があったようなのですが…。

[小金橋]

[177kmキロポスト]
農道「開拓地整備花石地区」の分岐。
左折してもどのみち中里橋付近でまたR230現道に合流します。

[上り坂]

[179kmキロポスト]
地図を見て頂けるとわかりますが、R230現道は南へと大きく迂回するのに対し、R230バイパスである「花石道路」は花石トンネルで直線的に走るルートなので、当然ながらバイパスを走った方が距離的にも時間的にも有利です。

このルートからおにぎりが消える日もそう遠くないと思いますが…。

[180kmキロポスト]

[181kmキロポスト]

[中里交流センター]
左には「中里交流センター」とあります。
地図では「中里小前バス停」があるので、元は小学校だった施設を利用しているのかもしれません。

[183kmキロポスト]
右は道路工業株式会社の社有林のようです。

[住中橋手前]
この先、住中橋を渡ります。
多分、「今金町中里」と「今金町住吉」の間にあるので、町名から一字ずつとって橋梁名にしたのではなかろうかと…。

この手前がR230現道の大迂回の南端部にあたります。

[186kmキロポスト]

[住吉橋バス停]
ちなみにですが、バス路線はR230バイパスである花石道路が開通した後も、R230現道を経由するルートを従来どおり走っているようです。
まぁ、民家があるのもR230現道の方ですので…。

[T字路]


T字路に出まして、R230花石道路と合流します。
正面に見えるガードはR230花石道路(渡島半島横断道路)の延伸部分か、国鉄瀬棚線の廃線跡か…。
調査日:2015/5
 前へ(その6へ)  次へ(その8へ)
 戻る 
[KAWASAKI-SP9182]