国道 Route.

 
国道230号

札幌市 中央区−久遠郡 せたな町

(その4 喜茂別町−留寿都村)


 喜茂別町のR276(苫小牧市方面)交点から留寿都村まで。なだらかな高原地帯を走って行きます。

 

喜茂別町

[喜茂別町尻別]
R276(苫小牧市方面)交点を通過したところ。
片側二車線のように見えますが、実質的にR276交点での合流車線が続いているようなものでして、もう少し走ると片側一車線に戻ります。

[登坂車線]
上り坂にさしかかりまして、登坂車線が出現します。
一応、この先の留寿都村で分水嶺のようなところを通過するので、ここからは川の上流に向かって走る感じになります。

[登坂車線終り]
坂を登り切ったところで登坂車線が終わります。

 

留寿都村

[喜茂別町・留寿都村境界]


虻田郡留寿都村に入ります。
カントリーサインはルスツ高原のハングライダー。

[留寿都村泉川]

[留寿都村泉川]
一応この先辺りが分水嶺のようなところです。
この手前に降った雨は「尻別川」となって日本海側へ向かい、この先に降った雨は貫気別川となって噴火湾(太平洋側)へと向かいます。

[ルスツリゾート]
ルスツリゾート付近を通過します。
スキー場やゴルフ場、遊園地などがありまして、カントリーサインに出ていたパラグライダーもその一つです。

[ルスツリゾート]
ゴンドラの下をくぐる関係で、防護柵のような構造物の下をくぐります。

[道の駅「230ルスツ」1km]
道の駅「230ルスツ」まで1km。
国道230号で札幌市−洞爺湖町の区間では、3つある道の駅のうちの2つ目です。

[道の駅「230ルスツ」]
留寿都村の市街地に入ってきました。
道の駅「230ルスツ」を通過します。

[留寿都村留寿都]
道道66号岩内洞爺線が右へ分岐します。
右折すると、国道が全く走っていない市町村である真狩村(まっかりむら)に向かいます。

[r560分岐]
左方向に道道560号仲洞爺留寿都線が分岐します。
信号機はあるものの、押しボタン式です。

[77kmキロポスト]

[78kmキロポスト]
この辺りは高原地帯でして、広大な畑作地帯となっています。道東ほどではないですが、まぁ北海道らしい景色を望めます。

[79kmキロポスト]

[留寿都村三ノ原]
留寿都村三ノ原。
一応、バス停名称では「三ノ原」のほかに「四ノ原」や「五ノ原」もあるようですが、「二ノ原」「一ノ原」は見当たらず。

[81kmキロポスト]
洞爺湖町まで29km。洞爺湖温泉まで21km。

これまで「洞爺湖」として出てこなかった案内標識も「洞爺湖町」と「洞爺湖温泉」に分かれて標示されています。

[連続急カーブ・急勾配あり]
留寿都村の最後のところは、急な下り坂とカーブになっています。

[下り坂]

[貫気別橋]
正面の貫気別橋を渡ると洞爺湖町に入ります。
ちなみに「貫気別川」に架かる「貫気別橋」でありまして、どちらも「貫気別」と書いて「ぬっきべつ」と読みます。
(更に同じ「貫気別川」は日高地域にもあるようですが、そちらは「ぬきべつ」と読むのだとか…。)
調査日:2015/5
 前へ(その3へ)  次へ(その5へ)
 戻る 
[KAWASAKI-SP9132]