国道 Route.


国道228号

函館市−江差町

(その4 松前町)

 
 北海道の南端部を通過します。基本的に一本道で海と山の間を走っていきます。

  

松前町・境界〜弁天

[立岩トンネル]
立岩トンネルの中で松前町に入ります。
トンネル内部には、緑地白文字の「松前町」の標識が設置されていました。

[松前町]


立岩トンネルを出たところでカントリーサインが立っています。
標識は風雨にさらされたためかちょっと古くなっていましたが、松前城と桜と武田菱。江戸期までこの地を治めた松前氏は、武田氏の流派とされます。

[白神覆道]
北海道最南端の白神岬付近を走ります。
この辺は地形が急峻なためか覆道が多いです。

[84kmキロポスト 白神岬展望広場]
白神岬展望広場。
北海道最南端のところからは少しずれていますが、左側に駐車スペースがあります。

[松前町白神]
白神地区を走ります。

[新鷹野橋]

[JR松前線の廃線跡]
右上に途中で途切れた鉄橋がありますが、これはJR松前線の廃線跡。国鉄民営化後の1988年に廃止された路線でありまして、木古内駅から松前駅までを結んでいました。

[松前町大沢]
大沢地区に入ります。
ずっと海沿いの道が続いてきました。

[松前町朝日]
続いて松前町の朝日地区。

[r607分岐]
道道607号松前石崎線が分岐します。
国道228号以外で松前町外へ抜ける唯一の道です。と言っても、ほぼ林道のような道らしいのですが…。

[r380分岐]
松前町の中心地に入りまして、道道380号松前停車場線が分岐します。JR松前線が廃止されたため、JR松前駅はもう存在しないのですが、道道だけはそのまま残っているようで…。

[松前市街]
松前市街は海沿いを走ります。
多分、後で作られたバイパスと思われます。

[松前病院入口]

[松前町弁天]
弁天で県道380号からのルートと合流します。
松前市街はこの辺りまでです。

 

松前町・弁天〜茂草

[折戸海岸付近]
再び海沿いの道に変わります。

[96kmキロポスト]
山と海に挟まれたところを走っていきます。
北海道の海沿いはこういう景色が特徴的。

[松前町館浜]
館浜地区に入ります。

[松前町館浜]
国道に沿って町並が続くわけですが、特にガソリンスタンドもコンビニもないです。

[札前市街入口]
札前市街への入口。
この辺は札前地区をバイパスするように国道が高台を走っています。

[松前町赤浦]

[102kmキロポスト]
海沿いを走る景色が続くのですが、松前町では林道のような県道を除くと、町外に出られるのはこの国道228号一本のみ。どこかで土砂崩れや豪雨でも起きて通行止めになると、道路交通としては大変なことになってしまいます…。

[松前町静浦]
静浦地区に入ります。

[松前町茂草]
茂草地区への入口。茂草付近も市街地をバイパスするように国道が走っています。

 

福島町・茂草〜境界

[江差 49km]
台地のようなところを走っていきます。

[松前町清部]
清部付近。
ENEOSのGSがあります。

[清部大橋]
清部大橋。小鴨津川を渡ります。

[松前町江良]
松前町江良地区。
ここもGSがありました。

[江差 44km]
江差まで44km。

[二越橋]
二越橋。この先は谷があるたびに橋梁が架かっていますが、片側一車線が確保されているので通行には問題ないものの、欄干は上下にガードレールような重なったようなおもしろい形であり、かつ歩道部分もない橋梁でありまして、ちょっと時代を感じるものが多いです。

もっとも、歩道が無いと言っても、この辺りを徒歩で通行する人は少ないでしょうが…。

[115kmキロポスト]

[奥末橋]
奥末橋。
ここもガードレール上下二つ重ね&歩道無しの橋梁です。

[松前町原口]
原口への入口。
この先を左折して下ったところに原口地区の町があります。

[原口大橋]
原口大橋。
こちらもガードレール上下二つ重ねです。

[120kmキロポスト]
調査日:2008/6
 前へ(その3へ)  次へ(その5へ)
 戻る