国道 Route.


国道228号

函館市−江差町

(その3 福島町)

 
 知内町から福島町福島に掛けては、国道228号唯一と言っても良い山越えルートです。福島町福島からは再び海沿いルートに戻ります。

  

福島町・境界〜福島

[知内町・福島町境界]



福島町に入ります。カントリーサインは「イカ&横綱」。
千代の山・千代の富士と2人の横綱を輩出した町です。

[r812分岐]
道道812号館町福島線がひっそりと分岐しています。
ここから知内温泉までを結んでいます。

[江差 97km]
江差まで97km。松前まで34km。

[綱配橋]
綱配橋「つなはいばし」。

"横綱"と"軍配"の合成語でしょうか(笑)
一応、渡っているのは「綱配川」です。

[福島町千軒・61kmキロポスト]
福島町千軒。
民家が並んでいる中を走り抜けます。

[江差 94km]
[62kmキロポスト]

[福島トンネル]
福島峠の下をくぐる福島トンネルにさしかかります。
地形的にはこの辺が分水嶺となっています。

トンネル内はカーブになっていたりするのでご注意を。

[63kmキロポスト]
福島トンネルを抜けると、下り坂が続きます。

対向車線は登坂車線が見えます。

[下り坂]

[茂山付近]
坂を下りきった辺り。
ここからは平坦な道です。

[68kmキロポスト]

[道の駅 2km手前]
道の駅「横綱の里ふくしま」まで2km。
横綱を2人輩出した福島町。「道の駅」と「相撲」がコラボするのは、全国的にもなかなか見られない組合せと思います。

[70kmキロポスト]

 

福島町・福島〜松浦

[吉田橋北詰]
吉田橋を渡り、福島の町に入ります。
ここから先は海沿いの道に変わります。

[72kmキロポスト]
山の麓と海岸線の間に町が形成されており、その間を国道228号が走っていきます。

[白符橋]
白符川を渡ります。

[74kmキロポスト]

[福島町豊浜]

[福島町吉岡]
吉岡の町に入ります。
津軽海峡線の北海道側最南端部です。

JR吉岡海底駅があるのもこの町。

[船揚場]
時折、「船揚場」と書いてある黄色地の標識が出てきます。
文字通り、船が揚げられていました。

[福島町吉岡]
ここから6km先まで道路通行規制区間となっており、異常気象時には通行止となるのだとか。トンネルが連続しており、地形的にも険しいところを走っていきます。
こういうところは、決まって景色は良いのですが…。

[明神覆道]
正面に見えるのは明神覆道。
ここからトンネル地帯が始まります。

[左:戸谷覆道入口 / 右:松浦覆道内部]


その後、戸谷覆道・松浦覆道と続きます。
この辺はちょっと長めの覆道です。

[白神トンネル手前]
白神トンネルの手前。
ここは岩がせり出しているところなので、覆道ではなく、トンネルになっているようです。

[赤石トンネル]
続いて赤石トンネル。
トンネルの入口の壁面には、七福神が描かれています。

[立岩トンネル]
福島町最後の立岩トンネルの入口。
ここも岩がせり出しています。

[立岩トンネル内部]
トンネルの途中で松前町へと入ります。
内部にちゃんと「松前町」の標識が設置されていました。
調査日:2008/6
 前へ(その2へ)  次へ(その4へ)
 戻る